会社沿革

2003年9月、Double Three Logistics Equipment Co., Ltd.を設立。

2004年3月、日本のお客様からの注文を受けた。

2004年4月、Toyota最大サプライヤーToyoda GoseiにFIFOコンベヤシステムを設計及び実施。

2004年6月、上海PANASONICにPPD組立台車を設計。

2004年9月、東芝エレベーター(上海)有限公司に部品用運搬台車を設計。

2004年10月、正式にToyoda Goseiの長期的なサプライヤーとなる。

2005年2月、昌河鈴木に部品専用物流機器ソリューションを提供及び実施。

2005年3月、昌河鈴木にエンジン用ポストパレットを設計及び供給。

2005年6月、全面的に5S管理を実施して、生産現場と生産効率を大幅に向上する。

2005年9月、RT-マットの物流センターへ専用台車を提供。

2005年10月、ボッシュ自動車部品会社に物流センターの計画プログラムを提供及び実施。

2005年12月、ボッシュ自動車部品会社に再利用可能な包装ソリューションを提供。

2006年3月、Linpac.会社とFordエンジン専用ポストパレットを共同開発及び生産。

2006年5月、生産現場の面積を13000㎡に拡大。

2006年7月、日本のヤマト運輸株式会社にロールボックスパレット(RBP)10058台を提供、品質と納期を保証する。

2008年1月、生産システムの性能評価を実施。

2008年3月、当社はYangwang工業団地によって「凝集力プロジェクト先進単位」と選定され、SGS ISO9001:2000認証にクリアした。

2008年6月、SGSによってISO9001: 2000品質管理システム認証を取得。

2009年4月、アジア最大手ガラスメーカーである旭硝子株式会社の検査に合格。

2009年10月、ERP情報システムを実施。

2009年11月、Master Kong会社からストレージケージを17,000台注文を受けた。

2010年5月、情報管理システムを実施。

2010年8月、企業のブランドイメージ視覚識別システムを構築。

2010年10月、Tomoto Plastic & Metal Products (Shanghai) Co., Ltd.を買収し、キャスターのビジネスを開始。

2011年6月、6ヶ月の管理プロセスとオンサイトの5S管理変革プロジェクトを実施、国内の最大手建設機械メーカーであるSany Heavy Industry Co., Ltd.と協力して、中国で超大型パレット自動立体倉庫のプロジェクトを実施、SGS による ISO 9001:2008 品質マネジメントシステム認証を取得。

2011年12月、弊社の売上高が初めて1億元を超過し、1.058億元を実現。

2012年2月、Yangwang工業団地により「活力ある企業」と選定され、45日に17000台の生産を完成した。

2012年3月、奉賢江海園区に新工場を建設するために土地を購入。給与構造を最適化するための新たな業績評価制度を導入。

2012年5月、社内報「物流知識」を創刊。

2012年6月、新工場の物流システムの概念設計プロジェクトを実施、Unileverから注文を受けて、3ヶ月以内にメッシュコンテナ19000台の生産を完成。

2012年11月、YMT台車15000台の生産を完成。