低騒音キャスター

1.適切なキャスターの選定と使用条件
様々な用途と使用条件に合わせて適切なキャスターに選定し、キャスターの取付けは正しく確実に行ってください。

次の点に注意してください。

a. 許容荷重
aa.積載される総荷重を見積もって、それに見合った許容荷重のキャスターを選定して下さい。
bb.キャスター4個使用の場合、荷重をキャスター3個で受ける場合や衝撃がありますので、総荷重の限度を許容荷重の80%以内にします。
cc.異なるサイズの製品を併用する場合は、低許容荷重側のキャスターの許容荷重をもとに許容積載荷重を算出して下さい。

b. 使用速度について
使用速度は、常温で平坦な床面を前提とし、以下の歩行速度で連続的に使用して下さい。

車輪径 速度
<100mm <2km/h
≥100mm <4km/h

備考:発熱を伴う連続使用は避けて下さい。

c. ブレーキ
aa.長期の使用による摩耗・損傷で、気がつかないうちに制動機能の低下をきたす恐れがありますので、ご注意下さい。
bb.一般に硬い車輪(ナイロン車等)の場合は使用当初より、制動機能が劣ります。
cc.制動性能については、製品安全上、特に必要がある場合には他の手段(車輪止め、フロアロック等)をご使用下さい。

d. 使用環境
通常、キャスターは常温、屋内で使用をお勧めます。高温、低温、多湿、酸、アルカリ、塩分、溶剤、油、海水、薬品等の影響を受ける特別な環境での使用は避けて下さい。周囲温度が-10℃~60℃以外の使用を避けてください。

2. 取り付け
a.取付面が、水平になるように取付て下さい
b. スイベルキャスターは、その旋回軸が垂直になるように取付て下さい。
c. 固定キャスターは、お互いに平行になるように取付て下さい。
d. 固定される接続部をご確認の上、取付穴部の寸法に適合したボルト、ナット、ガスケットを用いて、緩みが生じないように正しく取付て下さい。
特にねじ込み式キャスターの取付は、適正トルクでネジの六角部を締めて下さい。過度に締めると軸部が緊張し、破損の原因となります。ネジの直径が12mmの場合、適正ドルくは29.4~49.0 N•m または300~500kgf.cmです。

3. 使用上のご注意
a. 設定条件
aa. 適正許容荷重以上の荷重をかけないで下さい。
bb. 偏った荷重は避けて下さい
cc. 落下及び振動、フォークリフト等の爪当てなど衝撃の加わる使用は避けて下さい。
dd. 凸凹な床面での使用は避けてください。

b. ブレーキ
aa. ブレーキを掛けたまま、無理に動かさないで下さい。
bb. ブレーキバーを過度に踏みつけたり、カナヅチで叩いたりしないで下さい。
cc. 傾斜面でブレーキを掛けたまま放置するようなことは避けて下さい。特に必要がある場合には、車輪止め、フロアロック等、他の手段をご使用下さい。
dd. ブレーキの解除を必ず確認後、移動してください。

4. 点検及びメンテナンス
a. 長期に使用した後、定期的な点検、メンテナンスを行って下さい。
b. 通常点検は、キャスターの取付部分の締付けが緩みがあるか、キャスターの破損・亀裂・変形の有無、車輪のシャフトの締付けを確認して下さい。その上で取付部、車輪部の結合に緩み、異常がある場合は即交換して下さい。
c. 製品に劣化、破損等の不具合が生じた場合は直ちに交換して下さい。(部品のみの交換は行わないで下さい。)
d. 旋回部や車輪部に異物が巻き込まれた場合は、旋回不良や回転不良の原因となりますので、ただちに除去して下さい。

関連製品名
スイベルキャスターのサプライヤー| 固定キャスター |静音キャスター